FC2ブログ

シータ刃鬼

最近役者が揃ってきたから刃鬼でも組んでみました。
戦慄NXがナイン出せる以外はほぼ刃鬼の下位だったからねー。
ここいらでちゃんとした環境ビッグマナ組んでおくべきだよきっと(

地元向けに構築割と固まってきたからゆっくりと。

まずレシピから

1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x パクリオ
2 x サイバー・N・ワールド
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
4 x ドンドン吸い込むナウ
2 x フォーチュン・スロット
1 x モエル 鬼スナイパー
1 x ボルシャック・スーパーヒーロー
2 x 永遠のリュウセイ・カイザー
1 x 不敗のダイハード・リュウセイ
1 x 轟火シシガミグレンオー
1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」
4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ
1 x 再誕の社
2 x ライフプラン・チャージャー
3 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド
1 x 無双竜鬼ミツルギブースト
1 x ボルバルザーク・エクス
1 x 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
2 x 「智」の頂 レディオ・ローゼス
2 x 「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」

地元のメタ
黒緑次元
ドロマー
5c
黒ゼニス
ガネージャー
その他もろもろを意識した感じ。
もうほとんどプレイの定石とかは底が見えてる気がするから書くこと無いので、他と違うかなーって感じのとこだけ。

《フォーチュン・スロット》
メモリー積む人多いけど、個人的にこっちかなーって枠。
あっちだと手札の枚数変わってないから中盤息切れに繋がっちゃうことがあって単に手札が増えるこっちを選択。
一応後半に仕込み覇狙うこともできる。
地元黒緑はじめとした高速がほとんどいないから2枚入れているけど、高速いるなら1枚ノーブルになるはず。

《モエル 鬼スナイパー》
普通だと湯あたりになってる枠。
これは俺が湯あたりをあまり好んでないこともあるけど、前述の通り高速が回りに少ないということもあって湯あたり抜く→さすがにビートメタ欲しいよねってことでミツルギ2枚目と悩んだ結果ST付きのこれ。
ドロマーある程度意識してるから生き物であることはかなり重要。

《不敗のダイハード・リュウセイ》
資産面で覇2枚目が調達できない俺が選んだ補強枠。
これが入ってる理由として勘違いされたくないのは「敗北回避メインでの投入ではない」ということ。
つまり盾焼却。
地元には白緑穴でよくないカード仕込んでくる連中が多いから、それを気にせず動けるのは割と強みですってこと。
それと相手の盾が1枚ならこいつ一体だけでとどめに持ってけるのも大きい。

《勝利宣言 鬼丸「覇」》
資金不足により1枚だけの採用。
ちゃんと持ってたら2枚にしない手は存在しない。
出しやすくなるのも当然だけど、多く積むことで必然的にGJ力も上がる。

《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》
簡単に言えばドロマーへの回答。
回してみて分かったことだけど、ドロマー相手にするとN握りこんでも解体で落とされたりして負けるのが普通だからやっぱり真正面から解決しようと思って採った。というより採らざるを得なかった。
手札にきたら握りこんで特攻待つしかないけど。
覇少ない分覇無しで殴りかからなきゃいけないことも増えて、そのときに盾0でクロック踏んで返し負けっていう状況を作らないこともできる。


あとあえて採らなかったカードとか。

《クリスタル・メモリー》
スロットの項で述べた通り、息切れがいやだったから。
デッキの中身全部触れる強みはあるけど、スロットライフプランで回していれば大体触れると踏んで強気の不採用。

《ノーブル・エンフォーサー》
ガネージャー相手にはすさまじく強いけど、やっぱりそれ以上に腐る場面が多すぎた。
魔天からの小型ビートをけん制できるから再検討ワンチャンと言えなくも無い。

《温泉 湯あたり地獄》
地元に刺さりそうな高速がほとんどいない時点で存在意義が怪しかった。
おまけにバトウヴォルグに引っかかるのが許せなかった。
アマテで撃てると言ってもビート相手にアマテ出せるならどう考えても社撃ってシシガミ圏内もってくほうが無難。

《霞み妖精ジャスミン》
ライフプランがある以上1枚積んでおくのは悪くないと思ってた。
GJする以上2コストランパン9なんて採れるはずないし、逆立ちしてもライフピクシーにかなう要素無かったから諦め。

《セブンス・タワー》
のどから手が百本くらい出るほど積みたかったけどスペース的な問題。
これ使う理想的なパターンはアマテ吸い込む→アマテタワーの流れだけども殿堂カード主軸の時点でうまく決められる自信なかったし、10コストもってくならイントゥで何とかなると思った。
スペース空いたら絶対積む。


一応ここから地元の状況見つつまたちょこちょこいじる感じで。
覇はなんか殿堂読みってことでいいんでない()

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント