FC2ブログ

デッキ:カイザー「刃鬼」

今日ばんばん杯の賞品が届きました。
よって、新型刃鬼が落成。

Rainbow Flower
1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x パクリオ
2 x サイバー・N・ワールド
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
2 x エナジー・ライト
4 x ドンドン吸い込むナウ
2 x 永遠のリュウセイ・カイザー
2 x 不敗のダイハード・リュウセイ
1 x 轟火シシガミグレンオー
2 x 勝利宣言 鬼丸「覇」
1 x 温泉 湯あたり地獄
4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ
1 x ガチンコ・ルーレット
1 x セブンス・タワー
2 x ライフプラン・チャージャー
2 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド
1 x 無双竜鬼ミツルギブースト
1 x ボルバルザーク・エクス
2 x 「智」の頂 レディオ・ローゼス
2 x 「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」

1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

覇がしっかり投入できたことによって、刃鬼の基本にして最強の戦術「積み込み覇」を扱えるようになりました。
それを狙うべく、山札を掘りながらゲームメイクをします。

長くなりそうなので続きは追記で


カード紹介(説明する必要のあるものだけ)
《ドンドン吸い込むナウ》《ライフプラン・チャージャー》《ガチンコ・ルーレット》
言わずもがな。これらで山札の下を把握・確定させながら覇のGJ勝利を狙って動くのが基本。普通にプレイしていれば、前2つを3回ほど撃つだけで下から12枚を把握可能なので、カード名まで覚えられなくてもコストくらいは覚えておきたいです。

《エナジー・ライト》
初動。3ターン目までに動ける札を増やしたかったので採用しました。
片手間で撃て、メスタポにひっかからず、積み込みの邪魔にならないところが好感触。

《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》
さっさと撃てれば一気に10マナ圏へ到達できるのでたくさん入れたくなりますが、実際に刃鬼回してるとあまり打つ場面が多くないということに気づくと思います。
最速パターンは妨害一つで簡単に崩れてしまうので、無理に狙うのは得策ではないし、多少ゆっくりしても勝てます。

《不敗のダイハード・リュウセイ》
STが怖いデッキへの対策としての起用。適当に挙げてみるとマーシャル・キューブ・ヒャックメー・天門など。
覇が見えない場面の刃鬼で不敗不敗永遠と出せばゲームセットに持ち込める決定力も持ち、EXWIN中でもメジャーなiFormulaXに対してはこれ1枚で無効化。
黒緑次元相手に妨害を駆使して8マナまで貯めることができた場合、父なるを撃たれなければ確実に1ターン延命できるので、逆転への布石にもなりうるなど、使用用途はかなり多彩。
おまけに、これを積むことで8コスト帯が厚くなってGJ勝ちやすくなったりとかも。

《勝利宣言 鬼丸「覇」》
このデッキのフィニッシャー。
「どうしてもこれを使わなければ確実に負けてしまう」という場面以外での単騎特攻、通称「お願い覇」は厳禁。そういうときは基本GJ負けて死にます。
ちゃんと積み込みをして、GJに勝てるという確信を持っての運用をすることが大事。

《「智」の頂 レディオ・ローゼス》
ビッグマナ同士の対戦では、先に出したものがゲームを制するとも言われるゼニス。
確かに先出しすればかなり有利に立ち回れますが、ビッグマナ相手にはパクリオでもワンチャン作ることはできるので、これをプレイすることだけにこだわらないように。
これまでの動きの中で下を積み込んでいれば、そこに近づくための5ドローとなります。

《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》
これでGJすれば1回か2回は勝てるので、その後覇でめくるカードのコストが大きくなるように山札を調整してプレイします。
なお、ここまで述べてきた積み込みが重要となるのは運が絡みやすい対同系や、基本的に自分よりコストが高くなる対キューブなど。
ドレッジやビートなどに対しては、素直に最速での到達を目指すべきだと思います。


入れたいカード
《ミサイル・バーストG》
苦手なゴーゴン・キクチを焼くSTでありながら、5コストで勝利リュウセイを処理できる可能性を持ったカード。
ST発動すればアシッドを焼けるところなど、かなり環境にマッチしたカードではないかと。

《再誕の社》
多くのビッグマナに投入されていますが、自分は必須なカードではないと考え、ルーレットに枠を譲りました。
ピクシーとあわせて墓地からゼニスを釣る動きだけは強いと思います。

《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》
苦手なキューブ相手に有利を取れるカード。これを出せばGT以外は出てこないので勝ちやすくなります。
同系相手にも高いコストとその能力が猛威を振るいます。
その分自分もこのカードに弱いので、しっかり注意はしておくべきです。

《永遠のリュウセイ・カイザー》3枚目
どのデッキ相手にも基本的に腐らず、覇を持つデッキ相手には出しておかないと覇で詰んでしまう可能性もあるので3枚目を真剣に考えてます。
環境を見つつ、ダイハードあたりを交換候補に考えています。


デッキごとの回し方などはデータがぜんぜん取れていないというかそもそも組んだばかりなので割愛。
たぶん気が向いたらいつか書くんじゃないかと思います()
これを調整しつつDRでトリッパーを狙ってがんばろうと思いますねー。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント