FC2ブログ

殿堂入り

殿堂入りきましたね

新しい殿堂入りが発表されたので見ていきましょう。

<殿堂入り>
鎧亜戦隊ディス・マジシャン
ヒラメキ・プログラム
魔天降臨
暴龍警報

プレミアムはなしです。

1枚づつ取り上げてなんか喋ります。

・鎧亜戦隊ディス・マジシャン
明らかにイメンの規制ですね。
ループパーツの1枚であり、単体でもかなりカードパワーありました。
公式側がコンビ殿堂に慎重なのと、イメンボアロが出て時期がたってない3D龍解パックの目玉の1つであったという商業的な理由から、この形に落ち着くのは当然だったと思います。
イメンのリペアは可能な域だと思います。

・ヒラメキ・プログラム
かつてヒラメキスネークのパーツとして注目され、ローランドレーン規制後はラジアル爆などで細く使われてきたカード。
商業的に言うとヒラメキスネーク規制時はエグザイル・クリーチャーの展開中で相性の良いカードだったため規制を免れていたが、エグザイルの展開が終わって落ち着いたからといったところでしょうか。
3コストで狙ったクリーチャーを引っ張れるのはかなり危ない線の効果なため殿堂入りに文句はないですが、やや遅かったという印象。
革命編以降になにか相性の良いカードが出るのかもしれませんが。

・魔天降臨
ハンデスのフィニッシュカードがついに殿堂。
ハンデス系統はアクアンやミル・アーマ、ドラヴィタ・ホールといったエンジンにメスが入ることはあってもフィニッシュに規制が入ったことはなかったのでフィニッシュカードを潰されてきた他のデッキとようやく対等です。
侵略との相性の良さも考えて殿堂は妥当でしょう、というより遅すぎです。
なんかこのカードの規制が気にくわない人がいるみたいなんですが、手札は相当気をつけない限り減っていくものなので、相手の手札が減った状態で撃つだけで対抗手段を根こそぎ奪ってフィニッシュするこのカードが許されて覇が許されないってのはよくわかんないです。覇もこれも同じようなモンです(覇の方が若干お手軽ですが)。
ビート相手に早期に踏ませることで返すことができることを考えてもこのカードには殿堂入りする理由が十分あると思います。

・暴龍警報
間違いなくレッドゾーンが原因でしょう。
こういう感じの規制はビックリ・イリュージョン以来でしょうか。
出て1年たってないカードですが、最速2tで12000の3打点が出る可能性のあるカードになってしまったので殿堂は致し方ないでしょう。
どうやら「1年先のカードを考えたカードデザインができていなかった」というところに問題点を作ろうとする動きがあるみたいですが、1年先のカードの能力が決定しているわけないでしょう。カードの能力が決定するのはユーザーが考えているほど早くはないんでしょうね。
問題があるとすれば、逆に「侵略という能力を作る時にこのカードの存在を意識していたのか」というところですが、これ以上下方調整をすると侵略があまりに弱くなりすぎるのでこればっかりはどうしようもないですね。

賛否両論あるみたいですがまあこれ以上は触らない方向で。
今の環境が割といいものと認識しているので、その形を壊さないのは喜ばしいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。