FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rev黒単

藤枝CC優勝したので書きます

まずリストから。

4一撃奪取 ブラッドレイン
3暗黒鎧 ギラン
4爆弾団 ボンバク・タイガ
3解体人形ジェニー
3白骨の守護者ホネンビー
4暗黒鎧 ヴェイダー
1暗黒鎧 ザロスト
2暗黒鎧 キラード・アイ
4凶殺皇 デス・ハンズ
2死神術士デスマーチ
2復讐 ブラックサイコ
2革命魔王 キラー・ザ・キル
2魔の革命 デス・ザ・ロスト
4革命の裁門


黒握った理由は正直一番カード揃ってたからです。
赤はマッハ55を持ってない、緑はべアフガン足りない、白はミラダンテ持ってない、青はつよいこと知らなかったという感じで黒しか組める感じがしなかっただけです(笑)。おまけにそれでも身内から若干カード借りてますw
ただ、ブラッドレインからヴェイダーにつないでハンドを安定させるという基盤がしっかりあったので一番安定した戦いができるんじゃないかという期待はありました。

Rev限では侵略(ビート向き)と革命(コントロール向き)という2つの柱が存在しているので、侵略に耐えつつ革命をケアしやすくなるように構築しました。基本的には侵略はブロッカーで抑え、革命は殴り方でケアします。

対侵略の柱にはギランを据えました。こいつはバトルに負けたときにタップ状態で場に戻るので、毎ターンチャンプブロックを続けることができます。これによって除去やアンブロッカブルですり抜けない限りターンを稼ぎ、キラー・ザ・キルで返す展開を狙います。
裁門はあくまでも保険です。失敗も考えてブロッカーを置いた上で使うようにするといいです。

赤単レッドゾーン
レッドゾーンが序盤に飛んでこなければなんとか大丈夫だと思います。
ギランさえ生きていればたとえマッハ55が不死身でも気にする必要はありません。

緑単べアフガン
べアフガンの攻撃はギランで受けられますが、あちらはアンブロッカブル化手段を持っているので油断はできませんが、こちらにも秘密兵器革命の裁門があります。
レッドゾーンよりは解体を使用する余裕があると思います。

青単マスターG
アンブロッカブルかつ裁門の効かないマスターGと、全バウンスを行えるベガスダラーを擁し、不確定ながら3ドロー手段を持っている相性最悪のデッキです。守りを裁門に傾けているこの形では勝ち目はないと思います。
デモハンや魔狼を積み、ザビバレルを4枚入れましょう。


対革命はほぼ殴り方です。革命が力を発揮するのは盾2枚からなので、場を揃えてから盾を3にする→盾3枚を一気に割ってとどめ(できるだけTブレイカーで行いたい)という流れを意識してプレイしてました。
革命2の仮想敵はミラクルスターとキラー・ザ・キル、革命0の仮想敵はミラダンテです。これらの革命は絶対に発動させてはならないと考えました。

白単ミラダンテ
ミラクやララァ、ロンロンといったクリーチャーは全部ボンバクタイガの射程内です。特にララァを焼くと相手がもたつくのでブラックサイコをぶち込むと止まります。キラー・ザ・キルの盤面処理能力が遺憾なく発揮されるので、革命満たさなくても相手の場が増えたと思ったら出していいです。勝率は8割ほどあります。

黒単
通常環境と同じく先行ヴェイダーゲーな感じがあります。返されないように固めて殴るだけですが、しんどい時はある程度長引かせてLO狙いでもいいです。裁門があることでLO切れを抑制できるので、数枚単位のせめぎ合いには強いです。たとえ相手が黒でも、キラー・ザ・キルの革命が勝負を決めます。



採用カード

一撃奪取 ブラッドレイン
解体人形ジェニー
復讐 ブラックサイコ
凶殺皇 デス・ハンズ
死神術士デスマーチ
通常環境でもよく見る方々。省略。

暗黒鎧 ギラン
守りの要。除去されない限り何ターンでもブロックします。テキスト確認されること多かったですw

爆弾団 ボンバク・タイガ
シスクリ溶かしマスター。同型先行でレインが引けない時は相手のレインを溶かしてごまかします。

白骨の守護者ホネンビー
墓地回収+ブロッカー。この環境では必死こいて墓地を肥やさなくてもいいのでゴルドバットてもよさそうですが、守り優先だったのでこちら。

暗黒鎧 ヴェイダー
ドロソ。これのあるなしは展開に差が出ます。このカードを最大限活かすためにほぼフルクリで構成してます。

暗黒鎧 ザロスト
能動的に盾を食える点を鑑みて採用。盾3枚残しが効かないので同型相手にはなかなか便利です。1枚なのは手札からプレイして強くないからです。

暗黒鎧 キラード・アイ
墓地から進化を出せるということはつまり、ホネンビーで進化を取らなくていいということです。かと言ってミラーでこれに頼るのはよくないです。

革命魔王 キラー・ザ・キル
このデッキのメインです。全体除去はおまけ、革命発動で中盤は5体ほど、終盤は10体ほどを蘇生して返されない場を作ります。アポカリプスデイはこの環境には存在しません。

魔の革命 デス・ザ・ロスト
キラー・ザ・キルの革命を狙えそうにない相手に使います。3打点というのは革命をケアする上で重要です。たまにハンデスのためだけにプレイすることもあります。革命0は強力ですが、クロックやホーリーには注意。

革命の裁門
赤単レッドゾーンと黒単の2つが有力だと思って構築したので、最速侵略に効かない魔狼でも手撃ちの重いデモハンでもなくこれです。
黒には珍しい「ブロックすることができない状況下で負けを回避し得る」カードであり、簡単に言えばホーリーやミラダンテ食らっても生き残れるかもしれません。さらに同型戦ではヴェイダーを除去でき、使用後山札に戻るためLOを地味に防ぐこともできます。
青単を考慮しなかったための選択ですが、青単を考えると魔狼やデモハンを使うしかないです。


採用しなかった有力カード

西武人形ザビ・バレル
同型相手にハンデス目的で投げても得をしないので今回は抜きましたが、環境次第でギランと入れ替えるカードだと思います。

暗黒鎧 ゴルドバット
前のめりにいくリストではなかったのでホネンビーを押しのけられませんでした。

暗黒鎧 ヘルミッション
どちらかと言うとビート向けのカードだと思います。

超復讐 ギャロウィン
ミラーはこれで突っ張ってればいいと思ってる人がいるかもしれませんがこっちはまったく辛くない上にキラー・ザ・キルの革命を呼ぶだけです。いくら除去能力があるとはいえ革命で生き物を大量に出されては捌き切れません。
強い使い方がわからず投げ。

悪魔龍王 キラー・ザ・キル
6コストの方。持ち合わせがなく、借りてもいませんでした。ブラックサイコでハンドを狩った後横に出してビートするプランが強そうだと思います。

魔狼月下城の咆哮
最速侵略に無力なので。

デーモン・ハンド
手撃ちが重すぎます。



今回はRev環境初の大会ということで、構築もプレイも定まっていない人が多かった印象です。
キラー・ザ・キルに対し無警戒で殴ってくる黒単プレイヤーが多かったので、やすやすと革命を決めることができました。
本番であるエリア戦までに環境が変わり、プレイに対する意識も変わるのは明白なので、エリア戦を目指すなら研究は惜しまないようにしたいですね。
その時にこのリストが一つの参考になれば嬉しい限りです。
それでは。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。