卍終焉の悪魔神卍

せっかくゴールデンベストをくれたので。。。



サブト程度でって思われるかもしれませんが、労いの意味を込めてがんばってくれたドルバロムの記事を書こうと思います。


組もうと思ったきっかけはゴールデンベスト。発売日に適当にパックを買ったところ、ドルバロムが2枚も出てきたことが発端。

なんとか使ってやろうと思っておもちゃとして組むことに。


ツイッターやボールトでデッキレシピを漁った結果、東北のDMP、もんまそさんの構築にたどり着き、その記事の虜に。

色々漁ってきた中では一番完成度が高く、試したいと思ったのでまずは同じものを組み、そこから自分の好みにアレンジして今の構築が完成。

最初はおもちゃ程度にしか思ってなかったのが、バイクネクストロージア剣といった環境デッキと普通に戦えてしまったため、藤枝浜松に向けて使うデッキがなかったこともあって「使ってくか~」って感じで使用を決意。





『4cドルバロム』

3 x 超次元ガロウズ・ホール
4 x Dの博才 サイバーダイス・ベガス
3 x 悪魔龍 ダークマスターズ
2 x 悪魔神ドルバロム
4 x 獅子王の遺跡
4 x 月の死神ベル・ヘル・デ・スカル
4 x 怒流牙 サイゾウミスト
1 x 闇鎧亜クイーン・アルカディアス
2 x 悪魔神バロム・クエイク
2 x 悪魔神王バルカディアス
4 x フェアリー・シャワー
4 x テック団の波壊Go!
3 x 大地と悪魔の神域

1 x FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~/終焉の禁断 ドルマゲドンX

2 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の脅威スヴァ/神の覚醒者サイキック・スヴァ
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート

1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
文字色1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック



各カード

悪魔神ドルバロム

このデッキの神1。

通る相手にはすべてこれを出せばそれまでの過程とかほぼ関係なく一瞬で勝利する。卍最強卍。

メインプランは黒10マナ貯めてのドルバロムループ。

故に相手のマナに黒が見えると毎度険しい顔つきになるのもお約束。


特に有効な相手:黒のないすべてのデッキ



悪魔神バロム・クエイク

神2。

踏み倒しを主とするデッキが多い現在、刺さる相手がかなり多く、出すだけで雑に数ターン稼ぐこともそれなり。

マナ進化であるため、とっさに打点が必要な時の追加打点としてもこの上なく優秀。

「クソデカ単騎ラフルル」の片翼。


特に有効な相手:ロージア、墓地ソース



悪魔神王バルカディアス

神3。

基本マリッジが採用される(見漁ったレシピの9割以上はマリッジだった)ところをこちらにしたのは、盤面除去能力と、自分へのランデスが大きな理由。

ドルバロムは黒を、クエイクはデモコマを倒せない(マリッジはおまけにエンコマすら流せない)ため、確実に盤面を流せるようにするためというのが一つ。

さらに、黒を10枚マナに置くという一つの目標がある以上、テック団や神域は貴重な黒マナであり、マリッジはそれを手札に戻してしまうため、戦術に合わないというのがもう一つ。

「クソデカ単騎ラフルル」の片翼。


特に有効な相手:ロージア、デュエランド



獅子王の遺跡》《フェアリー・シャワー

4ターン初動。悠久チェンジの時も(アナリスを多少入れていたとはいえ)基本そうだったので抵抗はあまりなかった。

両方引けていた場合、相手が遅いならシャワー、それ以外なら獅子王。

3コスト以下のカードが一切ないため、獅子王チャレンジは躊躇なく平然と行われる。



Dの博才 サイバーダイス・ベガス》《超次元ガロウズ・ホール》《テック団の波壊Go!

いつもの。

クローシス剣や悠久チェンジを見る限り、最低限この枚数だと思う。

最初は所持してるダイスが足りないから3でいいやーとか甘いことをやっていたが、バイクに対して踏ませなければ意味がないということになり仕方なく買い足して4に。



悪魔龍 ダークマスターズ

裏切りより遅い分、ピーピング3枚ハンデスは手札を多く持つだけでは逃げられず、確実に相手の手札の質を落とすことができる。

獅子王成功からつながるため、獅子王チャレンジを狙う場合は必然的にこのカードの着地を狙うプランになる。



闇鎧亜クイーン・アルカディアス

バルカディアスを採用した分、自分のクエイクに対して後出しできる呪文封じがなくなった穴を埋めるために採用。

基本はマナに置いておき、クエイクの後でスカルから回収して直接乗せる運用だが、一応ドルマゲドンの上に乗せられることは覚えておく(ほぼ役に立たない知識)。

たまに先出しで相手を揺さぶるときも。先出しした場合、ドルバロム以外の神の降臨には耐えられないため、神域でマナに逃がすのがベスト。

ちなみに割とサイゾウミストを素出しするので、ドルバロムで飛ばない白黒というカラーがバルカディアス含めて3枚あることは結構重要。



怒流牙 サイゾウミスト

GTで封じられないパワー、オニカマスすら受け止められる安定性に、LO回避まで持っている。ノーシンクで4枚。

ベガスおかわりできる可能性もあり、今流行りの「興奮」要素の一つでもある。

ドルバロムループからこいつで相手との山枚数ひっくり返して勝ちを作るのがお約束。



月の死神ベルヘル・デ・スカル

ドルマゲドンがある以上、だいたいいつ出しても強いカード。

相手のターンに飛び出てくるとサイゾウやダイスでプレイする呪文を回収しつつ進化元になってとてもえっち。

性質上リソースがいっぱいないと弱いので、バイクとかに踏ませてもクソザコナメクジなのはしょうがない。



大地と悪魔の神域

メインカード。

盤面0から一気に神が降臨する、このカードがあるからこそ戦えるといった感じのカード。

ダークマスターズ+悪魔神は手札と場を同時に刈り取りついでに戦意も奪う。

スカル+悪魔神は場を処理しつつ次の自分の動きを見定める。ここで神域を回収することで次のターンも神域がプレイできる。

これを使って毎ターンドルバロムを出すことが俗に言うドルバロムループである。

地味だけど進化と非進化が揃ってなくても使える。つまり、10マナでクエイクやダクマにアゲイン的なこともごく稀に。



時空の脅威スヴァ

次元についてわざわざ取り上げることもないのでこれだけ。

まあシルバーヴォルグ。デモコマだからそっちより優先されるだけ。

ちなみに藤枝の日はヴォルグ2枚目じゃなくてランブルが入ってたけどどのみち使ってないからその枠いらなそう。正直7枚あればどうでもいい。




戦い方


・獅子王→ダークマスターズ→悪魔神

・シャワー→ベガスなりガロウズ→ダークマスターズ→悪魔神

場当たり的なプレイが多いのでパターン化みたいな頭のよさそうなことはやってない。

重要なことは神域でスカルとダークマスターズどちらを選ぶかや、対面によって有効な神が違うため、降臨させる神をちゃんと選ぶこと。

でもとりあえず禁断が置いてあるならそこを攻める。これは間違いない。




相性的なもの

大体5cジョリーと同じ気がしなくもない。基本ビッグマナだし。


ネクスト

マナロックとバトライ。ここが仕事したら負け、仕事しなければ勝ち。

ただ、10マナ作ってドルバロム降らせれば終わるから、第1波を防ぎきれば勝てる。


ロージア

青白なら先手で獅子王成功させれば勝ち。ダークマスターズで遊んでれば勝てる。

ドロマーは墳墓がえっちだからそれだけ気を付ける。

悪魔神はどれを選んでも有効。出した後の自分の状況だけを気にする。

どのみちミラストだけは警戒。


バイク

盾ゲー。

もし神域までたどり着いたら、オニカマスは気にせずドルバロム。バウンスされても損はない。


ジョーカーズ

盾ゲー。

禁断入りの不届き者にはテック団撃つことだけを考えるのが一番勝てるらしい。


サザン

シドタスリク出なければ→そんなの無理なためだいたい無理。


猿、メタリカ

お通夜




ゆっくりしてくれる構築が多いからダークマスターズが間に合うが、基本相手の裏切りが先のためよほどのことがない限りトップ頼み。

幸いトップは弱くないはず。


墓地ソース

ラフルル込み超過打点がしんどいため、ワルスラで刻んでくる間にどれだけブースト踏ませられるかの勝負。

こちらの受けはGTで阻害されにくいのでGT受けるのは楽。

ちなみにクロスファイアはクエイクで止まる。ラフルルも止まって一石二鳥。




最後に感想とか

勝てます!オススメです!なんていう気はありません。

2日間で13-5の戦績も、正直楽な相手と当たったなっていうのが感想です。

ただ、ダークマスターズやドルバロムといった環境で見ないようなカードで環境デッキを張り倒すのは爽快でした。

相も変わらず盾を殴らないデッキ、やっぱりストレス減っていいですね。病みつきです。

マウント取ったのに盾から返されるほどストレスたまることはないですから。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント